斎場で気を付けることまとめ

最新の斎場情報まとめ

斎場側は自分たちの宗教の葬儀に対応しているか

斎場側は自分たちの宗教の葬儀に対応しているか 斎場で葬儀を行う際に自分達の宗教の葬儀にきちんと対応しているかについて十分に確認しておく必要があります。ほとんどの斎場でこのような点について困る事はありません。日本の斎場ではどのような宗教でもきちんと対応出来るようになっているからです。しかもキリスト教や仏教の葬式であればなおその傾向は強くなります。
しかし日本は宗教の自由が日本国憲法で保証されている関係で、キリスト教や仏教のようなメジャーな信仰以外にもマイナーな信仰をしている人も中にはいます。そのため、そのような人でも困らないようにしなければいけません。ほとんどの斎場ではそのような信仰にも対応しなければいけないとされています。かなりの場合インターネット上に公式サイトが掲載されており、そちらで自分達の実家の教えを確認して、おく事が大切なポイントです。インターネット上に公式サイトがない場合には直接電話で確認するのが良いです。このようなポイントを必ず押さえておく必要があります。

気になる点は斎場側にすぐ確認!

気になる点は斎場側にすぐ確認! 葬儀は、核家族化が異常なスピードで進む現代社会において喪主として執り行う事は非常に稀な経験であると共に家族葬やゼロ葬など葬儀形態が従来とは大きく異なっているので年長者の常識や知識が役に立たなくなって来ているので気になる点は斎場側に直ぐに確認する必要があります。
従来の葬儀は、料金や相場が決まって無い事で不安な部分が多かったのですが、暗黙の了解で地域毎に葬儀業者の縄張りが決まっており顔見知りの場合も多く現代の葬儀の様に杓子定規な部分は少なく人情味のある葬儀業者が多かったと言われています。
しかし、現在では大手流通メーカーや生協など異業種からに参入が進むと共に追加料金の無いセットプラン価格によって料金形態が明確化され、どの業者も同じセットプランの様に見えて細かな所で葬儀内容が異なっているので遺族の勝手な思い込みで葬儀を行うと多額の追加料金が出てしまうこともあります。その為ちょっとでも疑問に思う事があれば斎場側に直ぐに確認した方が安心できます。

 

Copyright (c) 2018 斎場で気を付けることまとめ. All rights reserved.