斎場で気を付けることまとめ

斎場の種類と自分に合った選び方

斎場の種類と自分に合った選び方

斎場の種類と自分に合った選び方 お通夜やお葬式を行う場所は自宅から斎場に変わってきています。そして斎場にもいくつかの種類があるため、自分の家族がお葬式に利用するのにはどういった場所を使うのが適しているのかの選び方を知っておくのが大切です。
まずお通夜やお葬式を行える場所として自宅以外の身近な施設に、街や村の集会所や菩提寺があります。これらの会場を選べば費用が比較的安く抑えられたり暖かい雰囲気のお葬式が出来るといったメリットが得られることが多いです。
次に葬儀社の自社斎場や公営斎場という選択肢があります。前者はその葬儀社を利用する時に会場の利用も決めることが多いですが、葬儀を行うための設備が充実している施設になっており、希望の日程に合わせてもらえることも多い点が魅力となります。公営の場合は比較的利用料が安く抑えられるという利点があります。それ以外にも火葬場を併設している所が多いため、火葬の時に長時間移動をしなくても良い点が便利と言えます。
これらの種類の中から最適な会場を選ぶには、費用の高さの他に、交通の便の良さや希望の日程に式が出来るかなどを吟味して選ぶのが良いでしょう。

斎場での葬儀を行うメリットとデメリットとは?

斎場での葬儀を行うメリットとデメリットとは? 葬儀を行う場合には、斎場を利用するのかそれとも自宅葬にするのか迷っているという方もいるでしょう。そのような場合には、状況ごとにどのようなメリットやデメリットが存在しているのか把握しておくことも大切です。例えば斎場を利用する最大のメリットが、準備の手間がかからないという点です。自宅で行う場合だと、家具を移動するなどの事前の準備に手間がかかってしまいます。斎場に遺体を安置することができるというのも利用するうえでのポイントの1つです。
一方で斎場を利用するデメリットとして、式場費用がかかるという点があげられます。自宅葬なら式場の費用はかかりませんが、式場を貸してもらうことになるためその分のお金がかかるという点を踏まえたうえで具体的な計画を考えていくことも大切です。さらに故人を住み慣れた自宅で見送りたいという場合には、自宅葬を選択する方も多くいます。葬儀を行う場所ごとに異なる特徴があるため、違いを把握したうえで状況に合わせた判断しましょう。

 

Copyright (c) 2018 斎場で気を付けることまとめ. All rights reserved.