斎場で気を付けることまとめ

最新の斎場情報まとめ

斎場で写真を撮りたいシーン

斎場で写真を撮りたいシーン 斎場ではカメラを取り出して、気軽に色々撮影するのは控えたほうが良いでしょう。
しかし故人との最後のお別れですから、どうしても写真を撮りたいシーンは出てくる場合もあると思います。
血縁親族の計らいで綺麗に飾られた祭壇を記録しておきたかったり、久しぶりに揃った親戚での記念撮影などを望む場合もあるかも知れません。
そのような時には、いきなりカメラを出さずに斎場のスタッフにひと声かけておくのが好ましいとされます。
いきなり棺の蓋を外して写真を撮ったりすると、非常識に思われかねません。
また、参列者として参加している場合には、しっかりと喪主や遺族に許可を取って撮影するのがマナーと言えます。
色々な考え方があるかと思いますが、突然に撮影を始めるよりはひと声かけておく方が、不要なトラブルを避けることに繋がるでしょう。
斎場によっては写真撮影が禁止されているケースもあるので、この点も要注意です。
逆に撮影プランが用意されている場合もあるので、親戚との記念撮影などにはそのようなサービスを利用するのもおすすめできます。

なぜ斎場は撮影禁止なのか

なぜ斎場は撮影禁止なのか なぜ斎場では撮影禁止なのかというと、別に写真を撮ったらお化けが出るからとか心霊写真が写りそうだとかそんな非科学的な理由ではまったくありません。
斎場は公共施設で、自分達以外にも他の遺族達が使用している可能性も高いです。
完全個室になっている訳でもない為撮影する事で他の遺族達も写ってしまい、それがきっかけにトラブルになるのを回避する為一般的には禁止にしている場合が多いです。
またお経をあげているお坊さんを撮るのも常識がなく失礼ですし、斎場という場所は亡くなられた方を静かにおくる神聖な場所でもあります。
場所柄、神経質になっている人も多く、悲しんでいたり涙を流している姿を写真に撮られるのを快く思わない人も多いです。
つまり斎場での撮影禁止というのは決してお化けや心霊写真といったものでも宗教上に禁止されているという訳でもなく、あくまで人権上の問題であったり、人としての最低限のマナーであったりする部分が大きいです。

 

Copyright (c) 2018 斎場で気を付けることまとめ. All rights reserved.