斎場で気を付けることまとめ

最新の斎場情報まとめ

故人との最後のお別れである斎場を利用する際、お別れの記念にと写真などの撮影を実施したいと望むケースもありますが、斎場によっては写真やビデオによる撮影を禁止しているところも多い傾向にあるため、実施したい場合はあらかじめ可能かどうかを確認しておく必要があります。
ちなみに禁止される理由としては、宗教上の観念や死に関する場所であることから、不謹慎に思われるといった事柄が基本的な理由であり、他にも地域の風習なども関係している場合もあります。

斎場での撮影の注意点

斎場での撮影の注意点 冠婚葬祭でも、結婚式などならおめでたい事柄なので写真やビデオなどで撮影し、映像記録を残すこともよくありますが、葬儀となれば話は別です。
もちろん斎場によっては、こういった最後のお別れを映像記録に残すことを認めているところもあります。
さらには葬儀社などによっては、親族一同が集まって記念撮影を実施するサービスプランなどもありますが、そういった斎場はまだ少ない傾向にあり、映像記録を残す行為を制限していたり禁止している斎場が多く存在していますし、たとえ明確なルールとして禁止していない状態でも、そういった行為を推奨しているといったケースは少ないのが現状です。
それゆえにやはり事前に撮影が可能かどうかを斎場側に確認し、可能ならば実施して、そうでない場合は控えるようにしましょう。
そうしないと後から問題やトラブルが発生するケースもあるため、注意が必要です。

撮影禁止の斎場もある

撮影禁止の斎場もある 斎場は故人や遺族を含めて、非常に繊細なやり取りが行われる場所です。
時には些細なことからトラブルが発生するので、原則的に写真撮影を禁止しているケースも珍しくありません。
また撮影自体が禁止されていなくても、撮りたい場合は理由を伝えた上で許可を求めた方が良いでしょう。
斎場に集まる人は多種多様ですが、それだけに故人に対する思いが強い人がいたり、悲しみに包まれている人を想像することも必要です。
この場で撮影を行うということは、故人を軽んじたりプライバシーを脅かす結果にもなり兼ねません。
その位にシビアな状況ですから、トラブルを嫌って一律禁止としている斎場もある訳です。
逆に撮影に関して指針を出していなかったり、勝手に撮って何も言われない場合もそれはそれで問題です。
遺族でさえも気軽に写真が残せるような状況ではないので、遠縁ともなれば尚更繊細な対応が求められます。
間違っても、普段の感覚でスマートフォンを取り出しメモ気分で撮るのは禁物です。
基本的に斎場での出来事は記憶の中に留めておき、思い出せるよう脳裏に焼き付けるのが無難です。
写真は勝手を知るプロに任せて、どうしてもそれ以外で撮影が必要なら個別に許可を取りましょう。
当然ながら許可は得られないのが前提で、ダメ元でお願いする形となります。

斎場関連お勧めサイト

栃木県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

栃木県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

 

Copyright (c) 2018 斎場で気を付けることまとめ. All rights reserved.